micro_ichiranyou_dai2.jpg
あれこれ

聞きとれたら、あなたも三河人!三河弁マスターによる特別講座 vol.2

「じゃんだらりん」という言葉を聞いたことがありますか?愛知県の三河地域の方言「三河弁」の代表的な語尾をまとめたものです。

三河弁特別講座2回目となる今回は、一体どんな言葉が飛び出すのか?2人が持っているフリップに書かれた「あんべがわりい」ってなに!?今回も碧南市大浜地区に住む、かわいいおばちゃまにバリバリな三河弁を披露してもらいました。この会話が理解できるあなたは、間違いなく三河人です笑!!

三河弁「冬の日常会話」編

<使用用語>
「あんべがわりい」体調がすぐれない「けなるい」うらやましい「ふんごむ」ぬかるみに足や車輪がとられる

<ポイント>
「ふんごむ」は『雪が積もって、ふんごんじゃった』と雪が降るこの季節が使うチャンス!また、『けなるーい!』など語尾を伸ばして使うと、かわいく聞こえるかもしれません!

三河弁 一言練習「あんべがわりい」

意味:体調がすぐれない

使用例:風邪をひいてしまって、「あんべがわりい」のよ~

三河弁 一言練習「ふんごむ」

意味:ぬかるみに足や車輪がとられる

使用例:雪が積もってて、足が雪に「ふんごんじゃった」

使い方によっては、かわいい!?三河弁

arekore41_01.jpg

今回バリバリの三河弁を披露してくれたのは、(左)よしえちゃん(77歳)と(右)みさちゃん(69歳)。実は、取材させていただいた私、樅山も碧南市出身の30代ですが、2人の会話は聞き取り不可能でした笑。

「三河弁特別講座」次回の掲載時期は未定ですが、ゆるりと連載していきたいと思います。また、「私のおばあちゃん、三河弁マスターだよ。こんな話し方する。」など情報がありましたら、「近所のはなし」へ情報をお寄せください!それでは次回、ご期待ください。(取材:樅山香織)

興味のある方は、「特別講座 vol.1」も是非ご覧ください!聞いたことのない言葉が飛び交っていると思います笑。

聞きとれたら、あなたも三河人!三河弁マスターによる特別講座 vol.1

関連記事