micro_ichiranyou_dai2.jpg
ぐるめ

「安城梨」のおいしい時期・見分け方 丸わかり!2018品種リレーがスタート!

毎日本当に暑いですね。今年は特に暑さが厳しく、すでに夏バテぎみで食欲がでないという人もいらっしゃるのでは?今回は、水分補給や疲労回復にぴったりな「梨」の特集です!みずみずしくてシャキシャキで、よく冷えた梨をほおばる...。う~ん、食べた~い!!でも、「梨」の旬って秋じゃないの!?

実は、愛知県安城市では7月中旬から「安城梨」の出荷がスタート。今年は暑さの影響で、例年より1週間ほど出荷が早いそうです。全6品種がリレー形式で10月まで旬のバトンをつなぎます。そもそも梨ってどの品種がいつ美味しいの?品種により味は違うの?スーパーで美味しい梨を選ぶポイントは?など、近所のはなし編集担当の加藤が気になるあれこれ調べてみました。品種の旬カレンダーも紹介しますので参考にしてくださいね!

「安城梨」美味しさの秘密は?

gourmet29_01.jpg

訪ねたのは、安城市橋目町にある「甘水園」。この道50年の梨農家・猪飼孝志さんです。梨栽培の技術開発や品種改良を重ね、国の黄綬褒章も受賞されている梨のスペシャリストなんです。

安城市は県内有数の梨産地で、JAあいち中央梨生産部会に所属する102軒の農家が「安城梨」のブランドで年間約227トン(約50万個)を出荷しています。「安城梨」は他の産地に比べて糖度が高いのが特徴。赤土と昼夜の気温差が甘さを強くするんだとか。「愛甘水(あいかんすい)」「甘(あま)ひびき」「幸水(こうすい)」「豊水(ほうすい)」「あきづき」「新高(にいたか)」6品種が、順に旬を迎えていくんですよ。

人気急上昇!プレミアム品種「甘ひびき」

gourmet29_02.jpg

「今朝は甘ひびきを収穫したよ。これこれ、大きいでしょ。」と猪飼さん。うわ~大きい!計ってみると750グラム。一般的によく知られている「幸水」の2倍くらいありそうです。「甘ひびき」は、2010年に登録された新しい品種で、大玉でジューシー、シャリシャリ感と高い糖度があり、人気上昇中。出回る期間も短く、すぐに売り切れてしまうというプレミアもの。

生みの親は...猪飼さん!これまでに約20年かかったそう。現在、安城市内を中心に38軒が栽培しています。他の地域でも栽培が広まりつつありますが、安城の自然条件があるからこそ、高い糖度が出せるのだとか。「甘ひびき」は、地元が生んだアイドル梨なんですね!

水分量豊富!口いっぱいに広がる爽やかな甘さ

gourmet29_03.jpg

「甘ひびき」をカットしてみると、真っ白ではなく少し黄色っぽい!それではひとくち...シャキ!という音とともに、果汁ジュワー!酸味はほとんどなく、さっぱりとした爽やかな甘さが口いっぱいに広がり、みずみずしさ、半端ないです!!冷えた梨が体に染みわたります。

「甘ひびき」は、1玉1,000円程。ちょっと高いけれど、梨好きなら一度は食べてみたいですよね。地元では安城市内でしか購入できないんです。でんまぁと安城西部・でんまぁと安城北部・道の駅デンパーク安城で、8月10日ごろまで店頭に並びます。すぐに売り切れてしまうそうなので、朝イチがおすすめです!

シーズン到来を告げる「愛甘水」

gourmet29_04.jpg

ここからは、「安城梨」各品種の特徴、旬の時期を詳しく紹介します。まずは、「甘ひびき」とともに、いま旬を迎えている「愛甘水」。この品種も猪飼さんが開発したもので、「甘ひびき」の親にあたります。

■ほどよい硬さの果肉とさっぱりとした甘さが特徴
■2018年の出荷時期は7月15日頃~8月5日頃

「洋梨とは違って、日本の梨は完熟してから収穫する(追熟しない)ので、置いておいても甘くなりません。買ったその日が食べごろ。特に愛甘水など暑い時期の品種は、なるべく早く食べてくださいね。傷まないよう買ってきたらすぐに冷蔵庫へ」。

生産量ナンバーワン!代表品種「幸水」

gourmet29_05.jpg

続いて旬のバトンを受け取るのが「幸水」です。味と質の良さから長年に渡り高い人気を誇り、安城梨の生産量の約5割を占めています。まさに梨のエース!見た目は、お尻の部分が大きくへこんでいます。

■酸味が少なく甘みが強い。シャキっとした歯切れの良い食感
■2018年の出荷時期は8月上旬~8月25日頃

「全国のハウス栽培物が7月上旬から出回りますが、安城では露地栽培で、お盆時期に一番美味しくなります。太陽の光をたっぷりと浴びた地元産の幸水を是非味わって」。

果汁たっぷり!ほどよい酸味が人気「豊水」

gourmet29_06.jpg

続いて、お盆を過ぎた頃から旬を迎える「豊水」。「幸水」よりも大きめで赤みがあり、ずっしりとしています。名前の通り果汁が多く、ほどよい酸味が特徴。安城梨の生産量ナンバー2で根強いファンが多い品種です。

■果肉はやわらかで多汁。甘みの中に適度な酸味がある
■2018年の出荷時期は8月25日頃~9月中旬

「少し涼しくなってくるので、豊水は比較的日持ちします。表面の乾燥を防ぐために新聞紙で包みビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ」。

まるくてカワイイ!サラブレット「あきづき」

gourmet29_07.jpg

順調に旬のバトンを繋いできた梨リレーも、いよいよ終盤。9月から旬を迎える「あきづき」の登場です。果実が丸く「月」のように見えることから名前がついたそうです。猪飼さんの梨園では、7月下旬まだ赤ちゃんでした。

■500グラム前後と大きめ。緻密でやわらかく甘みが強い
■出荷時期は9月上旬~9月中旬

「甘みの強い幸水、大きい豊水、傷みにくい新高(このあと紹介します。)、人気3品種を掛け合わせていて、親たちの優れたところを持ち合わせています。フルーティな香りも楽しんで」。

ジャンボ梨「新高」

gourmet29_08.jpg

安城梨の最後を彩るのが「新高(にいたか)」です。大きなものでは1キロにもなるビッグサイズの梨で、糖度が高く、秋に楽しめる人気品種。こちらもまだ赤ちゃんですが、病害虫対策と日差し対策で、収穫するまで袋をかぶったまま。お姫様のようですね。

■平均600グラムと大きめ。酸味が少なく風味豊かな甘さを持つ
■出荷時期は9月下旬~10月上旬

「他の品種に比べて長い期間、木の上で育てるので手間がかかりますが、その分大きくて甘くなります。日持ちが良いので、乾燥対策をして冷蔵庫の野菜室に入れておけば1カ月以上持ちますよ」。

安城梨2018旬カレンダー

gourmet29_09.jpg

旬の梨をチェックして、是非味わってくださいね!ちなみに、スーパーなどですべての品種に共通する美味しい梨を見分けるポイントは、「梨を横から見て平らな形の梨が甘い」「梨の中央にある軸がみずみずみずしいと鮮度が良い」「表面につやのあるものが美味しい」そうです。

最後に...小さいお子さんに初めて梨を与える時は、少量からはじめてくださいね(どの果物もそうですが)。はじめは果汁からスタートすると良いそうですよ。レッツエンジョイ!安城梨(取材:加藤裕子)

「安城梨」販売所

gourmet29_10.jpg

ファーマーズマーケット でんまぁと安城西部

場所:愛知県安城市福釜町釜ヶ渕1-1
電話:0566-72-7333
営業時間:9:00~18:00
定休日:毎月第3月曜日(祝日の場合はその翌日)

※2018年「甘ひびき」が販売される日程:7月28日・30日・8月1日・3日・4日・6日・8日・10日

「安城梨」販売所

gourmet29_11.jpg

ファーマーズマーケット でんまぁと安城北部

場所:愛知県安城市東栄町4-5-15
電話:0566-96-1051
営業時間:9:00~18:00
定休日:毎月第3月曜日(祝日の場合はその翌日)

※2018年「甘ひびき」が販売される日程:7月28日・30日・8月1日・3日・4日・6日・8日・10日

「安城梨」販売所

gourmet29_12.jpg

産直センター 「道の駅」 デンパーク安城

場所:愛知県安城市赤松町梶5
電話:0566-73-4401
営業時間:9:00~17:00
定休日:火曜日(祝日の場合は翌日)年末年始など

※「甘ひびき」の販売日は入荷状況によります。

関連記事