micro_ichiranyou_dai2.jpg
ぐるめ

夏の定番・安城 和泉そうめん!ベテラン職人に聞く、おすすめアレンジレシピ

そうめんといえば、夏の代名詞!暑い夏には、ひんやりと冷たいそうめんが食べたくなりますよね。普段何気なく食べているそうめんですが、少しの工夫でもっとおいしくなるって知っていますか?夏の定番すぎてあまり注目していなかったかも...。そんな方こそ必見です!

ゆで方や、アレンジ次第でいろんな楽しみ方ができるんですよ。愛知県安城市の特産「和泉手延長そうめん」を製造する「間杉手延製麺所」を訪れ、長年そうめんを作る職人さんだからこそ知っている、そうめんの調理のコツやおいしいレシピを教えていただきました。

昔ながらの製法を守る製麺所

gourmet28_01.jpg

今回たずねたのは、昭和49年創業の「間杉手延製麺所」。創業者の間杉秀昭さんは、職人歴43年の大ベテラン。現在は家族5人でそうめん作りをしています。

約200年も前から安城市和泉地区で作られてきた「和泉手延長そうめん」の特徴は、3m60cmまで伸ばすという長~い麺!手作業にこだわり、2本の竹の棒を使って麺を伸ばす昔ながらの製法を守り続けています。湿度や気温によって麺の状態が変わるので、機械ではこの長さまで伸ばせないのだとか。また、半生麺も特徴のひとつ。乾燥させた麺を、再度加湿して半生麺にすることで滑らかでツルっとした喉ごしになるのだそう。

和泉手延長そうめんは、ゆで方にもこだわって

gourmet28_02.jpg

「そうめんをおいしく食べるには、やはりゆでたてが1番!大きめの鍋にたっぷりのお湯を沸騰させ、適当な長さに切った麺を入れ、箸でほぐします」と話す間杉さん。お湯をたっぷり使うことで、麺一本いっぽんがはがれ熱が十分に伝わります。

間杉家のおすすめは、沸騰したお湯に麺を入れて、再沸騰したら火を切り、蓋をしてお湯の中で蒸らす方法。麺の色が透き通ってきたらお湯から上げて流水で麺を冷まします。こうすることで麺にまんべんなく火が通るので、ゆでムラができにくく、美味しいそうめんにゆで上がります!

シンプルな出汁でおいしい麺つゆを作ろう!

gourmet28_03.jpg

おいしいそうめんがゆで上がったら、麺つゆにもこだわりたいところ。市販の麺つゆもおいしいけれど、少し手間をかけて、出汁のきいた麺つゆを作ってみませんか?

間杉家の定番は、うまみ成分の違う、かつおと干ししいたけの出汁を使うこと。2種類の出汁を使うことで風味がよく、コクのあるつゆになるそうです。濃い口醤油、みりん、砂糖で味を整えたら、シンプルなのに美味しい麺つゆのできあがり。作った出汁は冷蔵庫で3~4日ほど保存できるそう。調味料の量を調整して好みの味を見つけてくださいね!

栄養満点!鯖缶で変身「まぜそば風そうめん」

gourmet28_04.jpg

皮や骨まで使う鯖缶は栄養価が高いと人気の缶詰。そんな鯖缶を使ったアレンジレシピ「まぜそば風そうめん」は、そうめんを少しでも楽しく食べてほしいという間杉さんの娘さんのイチオシレシピ。「和泉手延長そうめん」に鯖缶、白だし、ニラや葱、卵黄、ラー油をお好みの量でのせるだけ。一体どんな味なんでしょうか...取材陣もさっそくいただくと...。

そうめんに鯖の煮汁と白だしがしみておいしい!ラー油のアクセントと醤油味の鯖缶のしっかり染みた味が食欲をそそります。そうめんのイメージが変わる!?アレンジレシピに挑戦してみては?

地元民しか知らない!?「ふしめん」レシピ

gourmet28_05.jpg

そうめんをつくる過程で出る「ふしめん」。麺の端の商品にならない部分ですが、素材は製品と全く同じ。アレンジ次第で、とっても美味しく食べられるんです。

例えば、みそ汁に入れたり、マカロニの代わりにサラダに入れたり。中でもオススメは、素揚げにしたチップス。ふしめんを油で軽く揚げるだけで完成!原材料に塩を使用しているので、ほどよく塩気の効いたおつまみが作れるんですよ。間杉手延製麺所では商品を購入すると無料でもらえます。「ふしめんありますか?」と一声かけてみてください。

写真映え抜群なお弁当もおすすめ

gourmet28_06.jpg

調理が手軽なそうめんをくるくると巻いて、野菜と共にカップに入れれば見た目も華やかなお弁当に!つゆを凍らせておけば保冷材代わりにもなり、ピクニックやちょっとしたおでかけにぴったりです。

「和泉手延長そうめん」は、私が普段食べている乾麺と同じ細さとは思えない、もっちりした食感でびっくりしました。今回取材した間杉手延製麺所の「間杉手延長そうめん」は1食3人前で650円。5月~9月限定販売で、直売所で買うことができます。昔ながらの製法を今も大切に受け継ぐ職人さんの作る、長~いそうめん。この夏にぜひ味わってみて下さい。(取材:堀絢恵)

間杉手延製麺所

gourmet28_07.jpg

場所:愛知県安城市和泉町中北109

電話:0566-92-2711

営業時間:9:00~18:00

定休日:不定休

安城市内の「和泉手延長そうめん」直売所

gourmet28_08.jpg

みどりや麺店
場所:愛知県安城市和泉町大海古7-23
電話:0566-92-1025
営業時間:8:00~19:00
定休日:不定休
商品購入した人には「ふしめん」サービス。※ない場合もあります。

みや子製麺
場所:愛知県安城市和泉町井ノ上3-10
電話:0566-92-1774
営業時間:9:00~17:30
定休日:日曜日

マルヨシ製麺
場所:愛知県安城市和泉町八兵工3番地
電話:0566-92-1784
営業時間:9:00~18:00
定休日:不定休

まだまだある安城市内の直売所

gourmet28_09.jpg

早川製麺所(販売:やまと)
場所:愛知県安城市和泉町庄司作8-8
電話:0566-92-4580
営業時間:8:30~17:00
定休日:日曜日(※8/13AMまでは無休)
毎月11日の「麺の日」に合わせ、商品合計金額から10%割引。

沓名製麺所
場所:愛知県安城市和泉町庄司作9-26
電話:0566-92-0466
営業時間:9:30~13:00 / 16:00~18:30 / ※土日は9:00~18:00(※夏季営業時間)
定休日:不定休

関連記事