micro_ichiranyou_dai2.jpg
ぐるめ

ここ、ラーメン屋?!実力派店主がつくる絶品料理の数々「だる磨らーめん」はじめシュラン vol.3

昔ながらの赤提灯から漂うレトロな雰囲気

gourmet03_01.jpg

「暖簾をくぐるとそこは別世界でした」。そう表現したくなるおすすめスポットが愛知県知立市にあります。知立駅から歩いて5分。飲み屋で賑わう通りを抜けた先に、ひっそりと赤提灯の灯る店が。

看板には「だる磨らーめん」と大きな文字で書かれています。ネットで「だる磨らーめん」の情報を探しても見つかりません。「もしかしたら隠れた名店かも。よし、今日はラーメンにしよう!」と意気揚々と店の中に入ってみると...。

食欲をそそるメニューがずらり!

gourmet03_02.jpg

冷蔵ケースに並ぶ缶ビールや種類豊富な缶チューハイ。壁には、だし巻き卵に厚切りベーコン、タコのからあげなど20種類以上のおつまみメニューが並んでいます。追い打ちをかけるように目に飛び込んできた、昔ながらのビールテイスト飲料・ホッピーの文字を見て私はこう思いました。「ここ、居酒屋なの?」。

笑顔まぶしい気さくなご主人がお出迎え

gourmet03_03.jpg

「うちのメニューはどれも自信作。納得した料理しか提供しないから、『おいしい!』って言われても『当たり前だよ!』ってついつい思っちゃうんだよね」と笑顔で話すのは、「だる磨らーめん」の店主・宇野俊一さん。宇野さんは、30年以上にわたり板前として活躍してきた経歴の持ち主。「だる磨らーめん」は今年で9年目を迎える、地元民に親しまれる人気店です。

あらゆる料理を作ってしまう熟練の技

gourmet03_04.jpg

大食漢である店主自身の胃袋を基準として作られる料理は、どれもボリューム満点。男性には嬉しい限りです!そして、店主の豊富な経験をもとに生みだされる料理は、まさにボーダーレス!和食に中華にイタリアン、さらにはスイーツまで作ってしまいます。

「お酒好きに人気なのは餃子(500円/15個)。オーダーを受けてから包むから皮はパリパリだよ。スイーツは女性のお客さん限定。男には絶対作らない!」。店主はユーモアたっぷりに話します。

牛シマチョウとキャベツの食感がGood!

gourmet03_05.jpg

そんな店主おすすめメニューのひとつが、牛シマチョウがたっぷり入った「もつ鍋(3,000円※人数に応じて具材のボリュームを調整、店主に要相談!)」です。

鶏ガラだしの効いた塩スープは、あっさりしていながら芯の通った旨味が口の中に広がる味わい。牛シマチョウのぷりぷり食感は、箸が休まらないおいしさです。「煮込みすぎは厳禁!牛シマチョウはキャベツのシャキシャキ感と一緒に楽しんでね」。

シンプル、だけど奥深い。こだわりのラーメンに舌鼓

gourmet03_06.jpg

そしてお待ちかね「醤油ラーメン(650円)」は、店主が読者のみなさんにまず食べてほしいという自慢の一杯。「昔ながらのラーメンだよね。鶏ガラだしの"旨味"と白菜だしの"甘味"が合わさった優しいおいしさは、他の店ではなかなか味わえないと思うな」。

店主の優しい人柄が溶け込む醤油スープはモチモチの麺、ほろっとほぐれるチャーシューとも相性抜群。心も胃袋も大満足です!

地元の人気店は一見さんも大歓迎!

gourmet03_07.jpg

「自分で言うのもおかしいけど、初めてのお客さんには入りづらい雰囲気の店構えだよね。でも、店先の赤提灯は『歓迎の証』。ラーメン、鍋、おつまみ、なんでもOK。とにかくおいしい料理が食べたくなったらふらっと入ってみてよ」。

「だる磨らーめん」は、絶品料理と店主のトークが織り成す魅惑の世界。優しく光る赤提灯は、みなさんを新たなグルメの世界に誘いますよ!(取材:西村友行)

インフォメーション

gourmet03_08.jpg

だる磨らーめん

場所:愛知県知立市新富1-23

電話:080-3638-9936

営業時間:17:00~24:00(LO 23:30)

定休日:第2・3日曜(駐車場なし)

関連記事