micro_ichiranyou_dai2.jpg
あの人

女性でつくるマルシェで街を元気に「まんま de マルシェ」

「碧南の素晴らしさ」を再認識できるマルシェ

anohito36_01.jpg

愛知県碧南市の田園風景の中を車で走っていると、ひときわ賑やかな一画が見えてくる。毎月第三日曜日に開催されている「まんま de マルシェ」は、"碧南のいいもの"を生産者から直接買えると評判で、リピーターを増やしている定期市。

出店しているのは女性のみで、彩りよく並ぶ野菜や、かわいいポップなど、明るい雰囲気がとても印象的だ。今年2月に開催されたマルシェに伺った。

まちを活性化させたい女性たちが開催

anohito36_02.jpg

「味醂や白醤油、人参に三河焼...。碧南って全国に自慢できるものが多いし、地元の方にも知ってもらいたいのよ!」と話すのは、マルシェの発起人であり、『お菓子ハウス ウエルカム』のオーナーでもある三浦由美子さん。

「碧南の名産品を集めた物産展は時々、商工会議所主催で開いていたのですが、とても多くの方が来てくださって。それなら大きな企業や団体の主催ではなく、『自分たちでマルシェを開いちゃおう!』というのが始まりです。女性同士だと話がまとまるのがとても早いんですよね(笑)」と三浦さん。

碧南の魅力を全国に

anohito36_03.jpg

マルシェには農家や、味醂メーカー、豆腐店など様々な業種が軒を連ね、何より店主みんなが仲良し。今後も碧南の良さを一人でも多くの人に伝えることを目標に、楽しくマルシェを開催する。

「まんま de マルシェ」は、毎月第三日曜に碧南市の長田農園で開催。毎回7~10店舗ほどが出店。碧南を活性化するべく集まった女性たちが主体となって運営されていて、会場は元気な声と笑いに満ち溢れている。
(キャッチネットワークのライフコネクトチャンネルマガジン・ケーブルテレビの向こうがわ。2018春号より)

関連記事